', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ニンニクの薬効で成人病や生活習慣病の予防を!効果・効能を知り、健康維持に役立て下さい。

黒にんにくの動脈硬化予防効果

黒にんにくの動脈硬化予防効果


黒にんにくが、脳卒中や心臓病の原因となる

動脈硬化を予防する効果で注目されています。


黒にんにくには、白にんにくの10倍以上の

S-アリルシステインという成分が含まれています。


このS-アリルシステインには、

血液をキレイにして血流を増やす効果があるのです。


年齢が高くなるにつれて怖い病気になってくる脳卒中や心臓病は、

動脈硬化が最大の原因です。


そしてその動脈硬化の原因は、いわゆる血液の汚れにあります。


食事で摂った糖や脂肪がエネルギーとして消費されずに残ると、

血糖や血中脂肪となって血液を汚します。


さらにそこに活性酸素の悪影響が加わると、

血液がドロドロになり血管の壁を汚して動脈硬化になるのです。


動脈硬化が進むと血管はどんどん細くなり、

血管壁は弾力を失ってもろくなります。


そうして脳の血管が詰まると脳梗塞になり、

心臓の血管が詰まると心筋梗塞になります。


このような怖い病気の原因になる動脈硬化を、

改善する効果があるのがS-アリルシステインという成分です。


黒にんにくはこのS-アリルシステインが

豊富に含まれた健康食品なのです。


S-アリルシステインは汚れた血液をキレイにして、

血液の流れを促進します。


そしてそれだけではなく、

さまざまな病気のもとになる活性酸素も排除する効果があるのです。


これらの効果は、「世界にんにく会議」で実際に発表されたものです。


そこではS-アリルシステインの

悪玉コレステロールの酸化を抑える効果が示されました。


またにんにくエキスがコレステロールを減らし、

血管壁に付着するのを防ぐ効果も報告されました。


S-アリルシステインの豊富な黒にんにくを食べれば、

動脈硬化の予防が大いに期待できるのです。


もちろん、黒にんにくは健康食品ですから続けることが大切。


動脈硬化の予防には、

サプリメントなどで毎日しっかり体に摂り入れるのがおすすめですよ。


黒にんにくのサプリメントは、

にんにくサプリのランキングをご覧ください。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional