', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ニンニクの薬効で成人病や生活習慣病の予防を!効果・効能を知り、健康維持に役立て下さい。

卵黄

卵黄


卵黄油とは?


卵黄油とは、鶏卵の黄身だけを火にかけ、

長時間かき混ぜると、だんだんと黄色みがぼろぼろになり、

黒くて粘りのある油ができます。


焦げた黄身を取り除いたこの油が卵黄油です。


卵黄油は奈良時代から利用され、

日本では民間療法として伝えられてきました。


全国に普及するようになったのはつい最近です。


大正14年に発行された築田多吉氏の著書

「家庭における実際的看護の秘訣」のなかで、

卵黄油の有効成分が紹介されてからです。


当時の本は、赤本と呼ばれ、1600版以上を重ねる、

一家に一冊の必需品とも呼ばれる医学書だったのです。


卵黄とフライパンさえあれば、

健康に良い卵黄油が作ろうとと思っても少量しかできません。


しかし、家庭で普通のフライパンで、

卵黄油を作ろうと思っても少量しかできません。


それにも関わらず、利用されてきた貴重な健康食品なのです。


その原料となっている卵ですが、

卵は食べ過ぎるとコレステロールがふえると、よく聞きます。


コレステロールの量は多く含まれていますが、

コレステロールには、善玉と悪玉があり、

卵を食べ過ぎたからといって必ずしも

コレステロールが増えるとは限りませ。


もちろん、高コレステロール食品を多くとっている人や、

コレステロール値は高い人は控えなければいけませんが、

卵黄から抽出したものですから、成分も変化しており、

逆に卵黄油に含まれるレシチンにはコレステロールを

下げる作用もあります。


卵黄油の効果・効能


卵黄油には、レシチンが豊富に含まれています。


レシチンは、正式にはホスファチジルコリンといい、

コリンや不飽和脂肪酸などで構成されていて、

体内のすべての細胞に存在し、

細胞膜を構成している成分の一つで、

健康を維持するために重要な役割をしています。


卵黄油に含まれる卵黄レシチンは、

水と油を混ぜ合わせる乳化作用を持ち、

マヨネーズはこの特性を生かして作られています。


体内で、水溶性のものと、

脂溶性のものが乳化作用によって溶け合うことによって、

細胞の栄養分を取り入れたり、

老廃物を体外に排出する働きがスムーズにあこなわれます。


栄養分を摂取して、新陳代謝を活発に行い、

血液の流れをよくするので、冷え性、肩こり、腰痛の改善に役立ちます。


乳化作用によって、コレステロールや脂肪の沈着、

蓄積を防ぐので、高コレステロール、肥満の防止にもなります。


不足すると細胞の働きが低下するので、

病気を引き起こしやすくなり、

特にレシチンが多く存在する脳や肝臓の機能は

影響を受けやすいところです。


高齢化の悩みの一つ、アルツハイマー形痴呆症の場合は、

脳内の神経伝達物質であるアセチルコリン数が

減少していることが解っています。


卵黄油を摂ることで、卵黄レシチンが脳内に入り、

アセチルコリンの増加に役立つことが解っています。


他にも若返りのビタミンと言われるビタミンEが含まれるので、

老化防止や肌荒れにも効果的です。


レシチンとは


レシチンとは卵黄を意味する

ギリシャ語のレキトースから生まれたものです、

この語源の通り元々卵黄に多量に含まれています。


近年になってレシチンが

多くの優れた特性をもっていることが

だんだんと解ってきたために、

アメリカの医師の多くは

毎日レシチンを取ることを進めているくらいです。


リシチンは脂質の一種で

リンを含んでいるために

リン脂質のひとつとされていますが、

脂肪とは異なり、我々の体の組織、

特に神経系統の重要な構成物質なのです。


アメリカのモリソン博士という方は

「レシチンは体内から多量のコレステロールを

体外に押し流すための強力な作用がある」

と臨床実験の結果を発表しています、

コレステロールはかたまって

ワックスのようになりやすい性質があるので 

そのままにしておくと、血管にたまりやすく、

特に悪玉コレステロールは

動脈硬化や脳卒中などの生活習慣病の原因となります。


レチシンはコレステロール値を下げる働きがある為に、

高血圧、脳卒中、動脈硬化、血栓症、

狭心症などの成人病の予防に効果があります。


  • 頭脳食品


レシチンは神経系統を正常に作用させる、

という効果もあるとは先ほど述べた通りで、

これはレシチンの中のコリンという物質が

作用しているとされています。


アセチルコリンという

神経伝達機能に関係している物質は

コリンがついたり離れたりして

神経の刺激伝導の役目をしています。


自律神経失調症、更年期障害、アルツハイマー病、

精力減退などに関わってきます。


レシチンは頭脳食品とも呼ばれています、

アルツハイマー病の患者さんの脳内のレシチン値を調べると

通常の半分しかなかったという報告も上がっています、

脳が日常の機能を十分発揮するためには多くのレシチンを必要とします、

これが頭脳食品と呼ばれる所以です。レシチンは、疲労回復、

集中力、老人ボケの予防、脳の活性化などの効果があります。


  • 肌荒れを防ぐ


中高年になってくると体内に過酸化脂質が増えていきます、

過酸化脂質は蛋白質といっしょになって、

リポフスチン(黒褐色)となって細胞の中にたまります、

これが皮膚細胞の中に入るとシミになります。


レシチンは皮膚の新陳代謝を活性化しリポフスチンの沈着を防ぎます、

そのためにレシチンは、ニキビ、ケロイド、肌荒れ、シワ、

角化症、幼児湿疹、乾せん、皮膚硬化症、

じんましんなどの皮膚に関する疾病に効果があります。


  • 胎児の発育にも良い


流産や死産の原因は胎児を包んでいる

羊水中のレシチン濃度が低いために起こるものがかなりあります、

これから子供を生もうと考えている方、

妊娠している方はレシチンを十分摂取しなくてはなりません。


つまりレシチンは生命の基礎物質なのです、

したがって母となる人は通常時より

バランスの良い栄養摂取と特にレシチンが必要なのです。


  • 肝臓、腎臓、膵臓を強化


レシチンは利尿の働きで細胞の中の不必要な物質を排泄し、

腎臓機能を強化させ、血液を常にきれいに保つのに役立ちます、

また レシチンは肝臓の脂肪変成を抑えるとともに、

コレステロールが沈着するのを防ぐなど、

肝臓の機能を強化、正常に保つ働きがあります、

また、糖尿病の際のインシュリン作用や分泌を助ける作用もあり、

最近の発表によればレシチンに抗癌の作用も確認されています。


このようにレシチンのいろいろな働きは腎臓病の予防や、

肝臓病、急性肝炎、肝硬変などの予防、

糖尿病の予防や改善をしてくれます。


レシチンは人間の体をきれいに掃除屋さんであったり、

生命の基礎物質であったりするわけです。


したがって現代のような肉食中心、

インスタント食品、加工食品、

ストレスの多い生活では多くのレシチンを必要とします。


1.体力のない人、体の弱い人

2.美しい肌を保ちたい人

3.酒の好きな人、タバコの多い人

4.多忙なビジネスマン

5.受験生や、発育盛りの青少年

6.熱さ、寒さに弱い人

7.病後の食事に注意している人

8.不妊症、妊産婦の人

9.スポーツの激しい人


以上に当てはまる人ほど

レシチンを多くとらなければなりません。



● 最近話題のにんにくのサプリメントはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional