', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ニンニクの薬効で成人病や生活習慣病の予防を!効果・効能を知り、健康維持に役立て下さい。

ニンニクvsアリナミン

ニンニクvsアリナミン


ニンニクの役割はビタミンB1の有効利用です。


まったくこれにつきます。


ビタミンB1を有効に利用できると体に色々良い変化が現れます。


ニンニクの有効成分であり、臭いのもとであるアリシンは、

無臭のアリインという物質がアリナーゼという酵素により変化して作られます。


ニンニクの持つ効能は、ほとんどがこのアリシンに由来しています。


アリシンをいかに取り入れるかが重要なポイントです。


一般にアリシンにはスタミナの元といわれていますが、

これはビタミンB1を体内に長く保持する働きによります。


ビタミンB1は体内の糖質を燃焼させる際に必要なビタミンです。


しかし水溶性ビタミンのため体外に排出されやすのですが、

アリシンとビタミンB1(チアミン)が結合すると

アリチアミンという物質になり体内に長く留まり

ビタミンB1が利用されやすい状態となります。 


アリナミンという薬がある。

武田薬品という会社のドル箱といってもいいだろう。


この薬の開発のきっかけは、

京大・医学部におられた藤原元典先生が

植物中のビタミンB1の含量を調べているとき、

ネギ類、ワラビ、ゼンマイ、ツクシなどがビタミンB1の存在を示さない。


ゼンマイ、ワラビ、ツクシにはB1分解酵素があるので、

ビタミンB1がない理由はわかるが、

ネギ類ではB1分解酵素がないのにB1が測定できない。


ニンニクは、根茎を食用とする臭いの強い(ネギ属)の植物です。


そこで、すりつぶしたニンニクとB1を混ぜてみると、

確かに入れたはずのB1が検出できなくなることがわかった。


このB1反応の出ないニンニクとの混ぜ物を脚気のネズミに与えたところ、

B1欠乏症が治った。


つまり、ニンニクエキスとB1とで

アリチアミン(商品名アリナミン)ができていることがわかり、

ニンニクエキスと混ぜることでB1だけより安定で使いやすくなり、

ビタミンB1ブームをまきおこした。”


「アリナミン」の名前は、ニンニクの成分とビタミンB1が結合してできた、

最初のビタミンB1誘導体のアリチアミンに由来しています。


また、アリチアミンの名前は、

ニンニクの学名アリウム・サティヴムAllium sativumと

ビタミンB1の化学名チアミンThiaminに由来します。


因みに、現在のアリナミンに入っているのは、

「フルスルチアミン」という物質です。

最後に、ニンニクは殺菌力が強く腸内有害菌を殺す。


また同時に腸内有用細菌に作用して

ビタミンB1の生産を盛んにすることでも知られています。


ビタミンB1(チアミン)の体内作用


ビタミンB1は、ごはんやパン、砂糖などの

糖質の分解を助ける(補酵素の役目)

脳の中枢神経や手足の末梢神経を正常に保つ

精神を安定させ、成長を促進する

特に精神を安定させる点はかなり重要なはたらきです。


B1が不足すると糖質が分解できず

乳酸などの疲労物質がたまって疲れやすくなり、

手足のしびれ、むくみ、動機、食欲不振といった

脚気の初期症状がみられる


食欲不振、吐き気、便秘などの胃腸障害気分がふさぐ、

集中力、協調性がなくなる。


結論


ニンニクとアリナミンでは、

アリナミンはニンニクの成分を人工的にを取り入れ商品を作っていることになる。


また、アリナミンの効能とニンニクの効能を比べればすぐにわかるように、

ニンニクの効能は優れていることが分かる。

つまり、ニンニクはアリナミンの師ということになる。


詳しくは、アリシンの効果 や、ニンニクで予防ができる病気をご覧ください。


● 最近話題のにんにくのサプリメントはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional