', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ニンニクの薬効で成人病や生活習慣病の予防を!効果・効能を知り、健康維持に役立て下さい。

ニンニク風呂

ニンニク風呂


アトピー性皮膚炎のかゆみや湿疹に効果抜群


最近は、花粉症などのアレルギー性の疾患が急増していますが、


乳幼児を中心に激増する

アトピー性皮膚炎もこのアレルギーの一種です。


アトピーはギリシャ語で、「分類する場所がない」

という意味で表します。


日本では戦後はほとんどありませんでしたが、

この数年の激増が話題になっています。


アトピー性の疾患自体は

古代ギリシャ時代からあったと言われます。


アトピー性皮膚炎は、乳児に最も多く見られ

今や3人に1人はアトピーと言われるほど増えています。


しかし、一旦は治ったように見えても、ある時再発し、

アレルギー性鼻炎や気管支喘息などといった

アレルギー性疾患が、次々に起こる

アレルギーマーチが起こることもあります。


アトピー性皮膚炎が起こる原因は、

現在までのところ解明されていません。


しかし、最近の激増ぶりを見ると、

大気汚染や農薬、食品添加物等による生活環境の悪化、

砂糖類、動物性タンパク質、脂肪の摂取過多、

ライフスタイルの変化、ストレスの増加などが、

複雑に絡んでいるのではないかと指摘されています。


アトピー性皮膚炎の治療は、アレルギーの原因となる食品やダニ、

ハウスダストと言われているホコリなどを取り除くことと、

福神脂質ステロイド軟膏を用いて行われます。


育ち盛りの子供たちに徹底した食事制限を行うと、

成長に支障をきたす恐れがありますし、

ステロイド軟膏の使用には、副作用の心配があります。


ニンニクを用いたニンニク風呂は、

アトピーによるかゆみを抑え、

病状を軽くする効果があると確かめられています。


ニンニク風呂がどのようにしてアトピーに、

効果を及ぼすかについては、まだ研究の途中ですが、

ニンニクのアリシンを中心とする有効成分が、

新陳代謝を活発にするためではないかと言われています。


ニンニクには、

体に備わっている自然な免疫力や抵抗力を

高める作用もありますから、

これもアトピー性の皮膚疾患に効果がかなり認知され、

ニンニクエキス入りの入浴剤は

どこでも手に入れることができるようになりました。


ニンニクエキスの効果を調べると、臨床実験を行ったところ、

ニンニクエキス配合の入浴剤を入れた風呂は、

明らかにアトピー性皮膚炎に効果があったということです。


これは、四国にある6病院で、ニンニクエキス配合の入浴剤を

入れた風呂にアトピー性の皮膚炎の患者が、

一日5分間ずつ、6週間続けて入ったところ、

134人中71人に効果が明らかで、

アンケートでやや有効という人を加えると、

76%もの人が有効を認めているというものです。


市販の入浴剤は香料などで、ニンニク臭を抑えてありますが、

生のニンニクを使うと、柚やみかんの皮、あるいは、

香料入りの入浴剤を一緒に入れると、

臭いを抑えるだけでなく、より効果が上がるでしょう。


ニンニク風呂は、アトピー性皮膚炎以上の

様々な症状にも効果をあらわします。


肩こりにも保温効果という点で効き目を表しますし、

アカ切れ、ヒビ切れ、しもやけ、汗も、

湿疹等にも優れた効果があります。


最近では続々と商品化されているにんにく成分配合の入浴剤も、

もともとは香川県のある飼料添加物の製造を行う会社で、

養殖はまち用に作ったニンニク成分入りの栄養剤を、

偶然風呂に入れてみたところ、

手が温まり、しもやけや湿疹が治ったということからヒントを得て

作られたということです。


また,ニンニク風呂は、ニンニクと温湯それぞれに体を温める効果が、

ありますから、冷え性や腰痛、さらに痔にも優れた効果をもたらします。


ただし、これまで何度も触れたように、ニンニクの効果を引き出すためには、

用いる量や時間には、十分な注意が必要です。


気になる症状がある方は、ニンニクの薬効をためしてみては!!

にんにくサプリのランキング」には、貴方にあったサプリがきっとあります。

どうぞこの機会に、ニンニクを常食して成人病を予防しましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional