', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ニンニクの薬効で成人病や生活習慣病の予防を!効果・効能を知り、健康維持に役立て下さい。

ニンニク灸

ニンニク灸


40歳以上に多いと言われる神経痛は、

寒冷や湿気、打撲、運動過多などをきっかけとして起こりやすく、

悪化すると、日常生活のもままならないほど激しい痛みが、

繰り返されます。


神経痛の代表的なものには、

坐骨神経痛、三叉神経痛、肋間神経痛などがあり、

三大神経痛と言われています。


神経痛は、腫瘍やカリエス、内臓疾患窓によって

引き起こされることもありますが、

原因の大半は筋肉の炎症や疲労、

血行障害やビタミンB群の欠乏とみられています。


にんにくのアリシンを中心とする有効成分は、

このような神経痛や筋肉痛を緩和する効果があり、

これについては、前項にアリシンの鎮痛作用として掲載しました。


アリシンは、体内で問題が起こると、細胞に刺激を与え

それが痛みの緩和という効果につながります。


ニンニクのこの鎮痛作用は、

ビタミンB1と一緒に撮ることによって、

一段と強化されます。


神経痛の原因の一つには、

ビタミンB群の欠乏が、あげられます。


ビタミンB1は、神経機能を正常に保ち、

筋肉のスムーズな運動に欠かせない栄養素です。


欠乏すると、筋肉機能や神経機能の低下が起こり、

神経痛や筋肉痛の症状があらわれるのです。


ニンニクに含まれるアリシンは、ビタミンB1の吸収を

良くするということだけではなく、B1と結合して

アリチアミンという物質になり、

ビタミンB1以上の働きをします。


これが神経痛や痛風の痛みを緩和するのに有効であるのは当然です。


ニンニクが神経痛にいいと言われるもうひとつの理由は、

優れた保温効果です。


この効果は、アリシンの血液循環をよくして

新陳代謝を促すという作用から生じるもので、

神経痛の原因と言われる血行障害の改善に役立つのです。


また、神経痛だけでなく、

にんにくにはリウマチにもいいと言われるのも、

この保温効果に負うものが大きいと言えます。


リウマチは、その患者数が年々増加しているにも関わらず、

未だに原因が解明されていないことから、

「現代の業病」と言われます。


リウマチのリウは、ギリシア語で、流れるという意味を表し、

痛みが腫れが全身を流れるように襲うことから来ているのですが、

悪化すると膝の関節に水が溜まる、骨が変形する、

手足の関節が腫れるなどの症状があらわれます。


ニンニクはこのような症状を持つリウマチにも有効なのですが、

ニンニクの効果はリウマチの痛みを緩和するというもので、

変形した骨や関節を真っすぐにするといった類のものではありません。


リウマチや神経痛などの痛みを緩和する手段として、

昔から良く用いられる方法に、「お灸」があります。


お灸には、熱による刺激でツボや経路及び血液の循環をよくし、

うっ血を撮りのぞ作用があります。


それによって、炎症が静まり、痛みが緩和されるという

鎮痛効果が得られるのです。


お灸本来のこの鎮痛効果は、ニンニクの鎮痛効果をプラスすると、

さらに効果があるのは当然で、神経痛やリウマチ、筋肉痛、

肩こりなどに優れた効き目を表します。


ニンニク灸でも、アリシンを中心とする有効成分が

皮膚から浸透し、お灸の熱刺激とともに、

幹部に効果をもたらします。


にんにく灸の方法については、後ほど詳しく説明しますが、

家庭で気軽にできる痛み止めとしてぜひ試してみてください。


ただし、にんにく灸を試しても、改善されなかったり、

悪化した特には、専門家にきちんと相談することは

言うまでもありません。


また、にんにく灸は、副作用のない痛みですが、

肌に対する刺激はかなり強いので、

肌の弱い人は、刺激過多にならないように注意が必要です。


気になる症状がある方は、ニンニクの薬効をためしてみては!!

● 最近話題のにんにくのサプリメントはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional