', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ニンニクの薬効で成人病や生活習慣病の予防を!効果・効能を知り、健康維持に役立て下さい。

ニンニク湿布の方法と作り方

ニンニク湿布の方法と作り方


ニンニク湿布の方法


ニンニク湿布の方法は、

症状によって多少やり方が違ってきます。


まず、刺激がより穏やかなニンニク湿布の方法を紹介します。


  • 用意するもの

・ 小麦粉

・ ニンニク

・ 根生姜

・ 水

・ ガーゼ


それぞれの分量は、小麦粉100gに対して、

ニンニク2~3片。

根生姜は、ニンニクと同量ぐらい。

水100cc。


ニンニクも生姜も肌に対する刺激が強いので、

これ以上分量を増やさないでください。


ニンニク湿布の作り方


・ 小麦粉に水を加え、ダマを作らないように良くかき混ぜます。

・ ニンニクと生姜をすりおろし、水を食われた小麦粉に加え、よく混ぜます。

・ ガーゼを幹部の多くさに合わせて切り、4~5枚重ねます。

・ ガーゼの上に小麦粉と合わせたニンニクを均等に塗り伸ばし、患部に貼ります。


湿布を作る時に使う水の量は、

最初はやや少なめにし、

全体の様子を見ながら

加減していくようにすると多でしょう。


また、ガーゼから湿布剤が染み出さないように、

油紙などで補強しておきましょう。


また、水の代わりに日本酒や酢を使うと、

いっそう効果的です。


この方法を一日一回、約20分ぐらい行います。

湿布をはがした後は、ぬるま湯で絞ったタオルなどで

よく拭いてください。


この湿布を一週間くらい続けると、

体の痛みやコリはかなり収まりますが、

刺激が強すぎて、皮膚がピリピリするような時は、

すぐに中止し、ぬるま湯で充分に洗い流すようにしましょう。


気になる症状がある方は、ニンニクの薬効をためしてみては!!

● 最近話題のにんにくのサプリメントはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional