', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ニンニクの薬効で成人病や生活習慣病の予防を!効果・効能を知り、健康維持に役立て下さい。

ニンニクを生で食べる方法

ニンニクを生で食べる方法


ニンニクを薬として利用するなら、

生のまま食べるのが最も効率がいい方法です。


しかし、生のニンニクは、刺激やにおいが強力すぎる

という難点がありますが、

生で食べる場合には、他の食品と一緒に用いたり、

空藤を避けるなどの配慮画筆世です。


また、ニンニクの最大の魅力は、なんといっても、

美味しく食べられる薬、ということにあるのですから、

生ニンニクだけを味気なく食べるよりも、

料理に取り入れて、毎日おいしく食べ続けるのが何よりでしょう。


とにかく、ニンニクはタンパク質を多く含む肉や魚などと

一緒に摂ると、刺激や臭いがマイルドになるばかりか、

タンパク質の吸収も良くなるという二重効果があります。


もちろん、ニンニクには、肉や魚の臭みを消し、

料理の味を引き立てる名脇役であることも忘れてはならないことです。


生ニンニクの用い方としては、

すりおろしたものをステーキに載せたり、

焼肉のたれに入れたり、

ドレッシングに入れたりしてもいいでしょう。


その他にも、ラーメンやスパゲティーに入れたりしてもいいでしょう。


こうした方法は、工夫次第で無限に広げられるわけです。


ニンニクを美味しく食べられる薬として用いる方法には、

生で食べる以外にも、熱を加えたり、漬け込んだりして

食べるという手もあります。


煮る、焼く、揚げる、蒸す、漬け込むなどの加工によって、

ニンニクの匂いや刺激が弱まり、独特の甘みが引き出されます。


しかも、他の食品等と違って、このような加工をしても、

ニンニクの薬効は生で食べた時とほとんど変わりません。


なぜなら、ニンニクの成分アリインを薬効成分アリシンに

変える働きをする酵素アリナーゼが、熱によって破壊されても、

体内のビタミンB6がその代行をし、アリシンの有効成分を

引き出すからです。


ですから、刺激や臭いの問題を考えると、

多少手間が掛かっても好みに応じた加工をして

食べたほうが良いことになります。


ただし、このような加工をすると、食べやすくなるので、

くれぐれも適量だけは守るようにしてください。


また、加熱の時は、30分ぐらいで済ませるのがポイントです。


気になる症状がある方は、ニンニクの薬効をためしてみては!!

● 最近話題のにんにくのサプリメントはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional