', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ニンニクの薬効で成人病や生活習慣病の予防を!効果・効能を知り、健康維持に役立て下さい。

ニンニクの5つの注意事項

ニンニクの5つの注意事項


1 食べ過ぎは益なし


ニンニクを常食している人で、「胃が痛む」「下痢をする」

「胸焼けがする」などという人は、食べ過ぎか、

ニンニクの摂取が原因の場合が多いようです。


必ず、適量を守りましょう。


2 空腹時に生は禁物


生で食べるのが一番効果的ですが、

生ニンニクの強い成分は、

空腹時には、胃や腸の粘膜を直接刺激し

胃腸障害を起こします。


摂取量や胃腸の状態を考えて、

食事や水と一緒に摂るのが良いでしょう。


3 生ニンニクの長期常食は禁物


生ニンニクを食べ続けて、舌炎、口角炎、口唇炎、

皮膚炎などになる人がいます。


これは腸内でビタミン類を作る常在菌増殖を

ニンニクの成分であるアリシンが抑制してしまい、

ビタミンB2欠乏を起こすからです。


4 過食は貧血の元


適量を過ぎると、アリシンによって、

赤血球に溶血作用をおこし、血色素中の鉄分が、

貧血症状になります。


ビタミンB2や鉄分の欠乏症には、それらを補うレバー、

肉、魚介類、大豆などを一緒に調理師るのが、

上手な食べ方です。


5 外用は肌荒れに注意


ニンニクは刺激が強いので、皮膚の敏感な人や、

アレルギー性の人は、肌荒れに注意しましょう。


症状は一過性のものですから、

中断するなり、正しい摂取方法に戻せば回復します。

また、体質に合わない時はすぐやめましょう。


自分自身の体調をよく観察し、食べ方を工夫することです。


あまり構えず、あくまでも楽しみながら、

日常生活の中に、ニンニクを取り入れていくことが大切です。


気になる症状がある方は、ニンニクの薬効をためしてみては!!

にんにくサプリのランキング」には、貴方にあったサプリがきっとあります。

どうぞこの機会に、ニンニクを常食して成人病を予防しましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional