', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ニンニクの薬効で成人病や生活習慣病の予防を!効果・効能を知り、健康維持に役立て下さい。

ニンニクの効能は加熱すると?

ニンニクの効能は加熱すると?


ニンニクを加熱すると、アリシンがメチルアリルトリスルフィドという成分に変化。

この成分は、血管内での血小板の凝固を抑える働きがあり、血流が滞るのを防いでくれます。


また、血液中にある血小板の粘着力を弱めてくれるため、

いつでも血液はサラサラ。血栓が原因で起こるとされる

脳卒中・心筋梗塞・動脈硬化などの生活習慣病から身を守ってくれます。


アリシンを低温加熱処理することでできるアホエンという成分には、

コレステロールを分解する作用があります。


摂取してすぐに低下するワケではありませんが、

長期的な摂取により高い効果が期待できるそうです。

ニンニクを選ぶ際には、低温加熱がしてあるかどうかをチェックしておくと良いでしょう。


ニンニクのアリシン・アリイン・メチルアリルトリスルフィドには、

血管を拡張させて血圧を下げる働きがあります。


血液サラサラ効果・コレステロール分解効果との相乗効果で血管壁への圧が弱まり、

血圧が低下するというメカニズムです。


ニンニクに含まれるアリシンは、ビタミンB1が糖質をエネルギーに変えるのを補助。

糖質を効率よく代謝できるため、ダイエットに効果があると考えられています。


● 最近話題のにんにくのサプリメントはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional