', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ニンニクの薬効で成人病や生活習慣病の予防を!効果・効能を知り、健康維持に役立て下さい。

ニンニクの保存方法

ニンニクの保存方法


発芽と乾燥を防ぐ


鮮度の良いニンニクでも、生のままでも常温にしていると、

やがて発芽して、栄養分が取られてブカブカになります。


鮮度の良いものを使いたび購入するのが良いのですが、

一度に全部使い切れなかったり、

いざ使おうと思ったときになかったり、

わざわざにんにく一個のために買いに行くのも面倒になります。


常食を続けるためにも、いかにニンニクを

より良い方法で保存しておくかが大切です。


ポピュラーな保存方法


・ 編み袋に入れて、風投資の良い半日陰の場所に吊るします。

(最もポピュラーな保存法ですが、やがて水分もなくなります)


・ ラップなどに包み、冷蔵庫に入れます。

(一番簡単な方法です)


重宝な保存方法


時間がなく忙しい時に皮をむいてから、

すりおろしたり、みじん切り、

千切りにするのはとても手間がかかります。


そこで忙しい時に手軽にできて重宝するのが、

次の方法です。


・ ボイルニンニク


皮をむいたニンニクを鍋に入れ、

ニンニクが浸るぐらいの水を加えてから、

約6~7分間煮ます。


それを冷ましてから、煮汁ごと密閉容器に入れて

冷蔵庫に入れ保存します。


ボイルしても生ニンニク同様に使えます。


煮汁は捨てずにニンニクと一緒に使います。


数ヶ月間は保存できます。


・ 冷凍ニンニク


薄切り、千切り、みじん切りにしたものを小分けして、

ラップに包んだり、袋に入れたりして冷蔵庫で保存します。


また、薄皮をむいて小片のまま丸ごと冷凍すれば、

使うときに取り出し、凍ったままの状態で、

すりおろし、薄切り、千切り、みじん切りなどができます。


さらにそれ以上、長期間保存したい場合は、

酢ニンニク、醤油漬け、塩漬け、黒砂糖漬け、

味噌漬けなどの保存食にして活用します。


保存食にしておけば、手軽に常食を習慣付けることができます。


気になる症状がある方は、ニンニクの薬効をためしてみては!!

● 最近話題のにんにくのサプリメントはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional