', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ニンニクの薬効で成人病や生活習慣病の予防を!効果・効能を知り、健康維持に役立て下さい。

ニンニクの一日の適量とは?

ニンニクの一日の適量とは?


ニンニクがいくら体に良いといっても、

食べ過ぎればかえって逆効果で、

強い刺激のため胃腸を荒らすことにもなりかねません。


どのような薬であっても、服用するときは、

必ずその用法や用量を守るというのは、

常識でしょう。


強力な薬効成分を含むニンニクを用いる場合も、

一般的な薬と同様の注意が必要なことは当然です。


ところが、ニンニクの場合は、「効能豊かな薬」であると同時に、

「美味しい食品」でありますから、使用する際はつい気を許し、

用法や用量などの注意を怠ってしまいがちです。


「ニンニクは胃腸に良くない」

「ニンニクを食べると貧血になる」

などの誤解は、全てこの注意不足から

生じるものと思われます。


ニンニクの薬効を正しく理解し、

その薬効を最大限に生かすためには、

一日の適量を守り使い続けていくことが大切です。


それでは、肝心の一日の適量は、どれくらいなのでしょう。


それは、成人の場合は、一日に2~3片です。


一般に市販されているニンニクのほとんどは、

1球が、6片~8片に分かれ、その1片の重さは、

2~6gぐらいです。


一日に食べる量の目安として、

大きめのものなら、2片まで、

小さめのものでも、3片までと覚えておいてください。


一日2~3片という量は、そのまま食べる場合にだけでなく、

料理に使ったり、にんにく酒などにして飲む場合でも同じです。


飲み物にしてとるときは、約10gくらいで、

ウィスキーキャップ1杯を目安にしてください。


日頃から、ニンニクを食べ続けている人の場合は、

この量を少しオーバーしても大丈夫ですが、

慣れない人は少々少なめにし、

徐々に増やしていくほうがいいでしょう。


また、乳幼児の場合は、一日の分量は、1片の4分の1程度に

とどめてください。


日頃から胃腸に自身のない人や、虚弱気味の人、あるいは、

下痢や胃もたれ、胸焼けなどの症状がある人も、

それぞれのコンデションによって分量の調整が必要です。


ニンニクの本場韓国では、食べすぎには十分注意しているといいます。


強力な薬効を持つニンニクは、少量でも確実に効果を発揮できるのです。


一日、2~3片のぺースを守り、ゆっくり確実に、

健康への道のりを聞くことが大切です。


気になる症状がある方は、ニンニクの薬効をためしてみては!!

● 最近話題のにんにくのサプリメントはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional