', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ニンニクの薬効で成人病や生活習慣病の予防を!効果・効能を知り、健康維持に役立て下さい。

ニンニクと食あたり・O157

ニンニクと食あたり・O157


大腸菌O157をも撃退するにんにくの強い抗菌作用で、

食あたりから体を守ります。


1996年夏に日本中を騒がせた病原性大腸菌O157は、

脂肪を含めると、12000人を超える被害者となり、

今もなお解決策がないままです。


現在、O157の予防策が注目されています。

大学教授の発表によると、

O157の特徴は、

強力な攻撃力としたたかさがあること。


サルモレラ菌やブドウ球菌などの食中毒は、

約10万~100万個が体内に侵入しないと、発病しないのに対して、

O157は、100個以下の菌が入っただけで、発病します。


たとえ、菌を抹殺しても、死ぬときに、

ベロ毒素という強力な毒素を放出します。


この毒素が様々な病状を引き起こす、

実に手ごわい病原菌なのです。


大学の実験では、

1mgの滅菌蒸留水にニンニク粉末1%を

混ぜたものとそうでないものに、

それぞれ5500万個のO157を入れます。


そして、37度で24時間培養したところ、

ニンニクの粉末が入っていないほうは、

3億4000万個に増殖し、

ニンニクの粉末が入った方はすべて死滅しました。


また、ニンニク水は、

加熱してもしなくても効果は同じという結果も出ました。


まさにニンニクの殺菌力の成果です。


ニンニクの有効成分は、

まだまだ未知数の可能性を持っていると言えます。


● 最近話題のにんにくのサプリメントはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional