', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ニンニクの薬効で成人病や生活習慣病の予防を!効果・効能を知り、健康維持に役立て下さい。

ニンニクと風邪

ニンニクと風邪


ニンニクを上手に食べて、

ウィルスを寄せ付けない体質作りを心がけましょう。


ニンニクには、疲労回復・精力増強に効果があり、

抵抗力を高める総体的な健康増進に役立つことが知られています。


風邪の予防に、有効成分アリシンは、

次の働きをします。


1 抗ウィルス作用を発揮


強力な抗ウィルス作用で、

風邪のウィルスを寄せ付けるころなく、

たとえ侵入してきても、アリシンがすぐに撃破します。


その上、衰弱している体の細胞を活性化させ、

新陳代謝を促します。


さらに、体力増強にもつながります。


2 発熱・解熱を促す


保温作用は、体を温め発汗を促します。


睡眠前に、ニンニクを摂取してぐっすり寝れば、

熱も下がれば、より早く回復に向かうでしょう。


汗をかき良く寝ることは、風治療では重要なことです。


3 鎮静・消炎作用が働く


喉の痛み・咳・くしゃみ・鼻ずまりなどに対する

鎮静・消炎作用が働き、風の症状を緩和してくれます。


「風邪の予防として」


・ ニンニクうがい液・・・ニンニクの絞り汁を薄めてうがいをします。


・ ニンニク風呂・・・体全体が温まります。


「風のひき始めに」


・ ニンニクうどん ・・・暑いうどんやスープにニンニク1片をすりおろして食べます。
            寝る前に食べると発汗作用もあります。


・ ニンニクはちみつ ・・・すりおろしたニンニク300gにハチミツ小さじ2杯、
            黒砂糖300gを加え、かき混ぜて密封の瓶に保存します。
            これを1日2回、小さじ半分を食べます。


・ ニンニクホット ・・・ニンニクの絞り汁に、ハチミツ、生姜汁を加えて、
            熱湯を注いで飲みます。


・ にんにく咳止め ・・・ニンニクをみじんきりにして、湯冷ましを注ぎます。
            6時間後にふきんで絞ったものを3時間おきに飲みます。
            咳止めに効きます。


・ にんにく煎じ薬 ・・・ニンニク1片、ネギの白い部分、生姜、
           各同量を煎じて熱いうちに飲みます。
           発汗・解熱に効きます。


・ ニンニク湿布 ・・・喉や胸が苦しい時には、ニンニク湿布を貼りますと楽になります。


● 最近話題のにんにくのサプリメントはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional