', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ニンニクの薬効で成人病や生活習慣病の予防を!効果・効能を知り、健康維持に役立て下さい。

ニンニクと腰痛・神経痛

ニンニクと腰痛・神経痛


アリシンとビタミンB1が作用して出来るアリチアミンが、

新陳代謝を促進して治癒力を強くします。


神経痛やリウマチには、ニンニク治療法の効果が期待されます。


薬理的にもビタミンB1が、筋肉痛に効果があることは知られています。


腰痛・神経痛の改善に、ニンニクの有効成分は次の働きをします。


1 ビタミンB1として


アリシンは、ビタミンB!と結合してアリチアミンとなり、

ビタミンB1以上の効果を発揮し、

新陳代謝を促進して、自然治癒力の増強にもつながり、

疲労を回復します。


2 痛みを和らげる。


ニンニク特有の辛味成分は、アリル化合物の一種で、

硫黄を含むアリシンです。


そのまま口に入れると、ヒリヒリしますが、

実はこのアリシンが、神経痛の痛みを和らげます。


「自律神経に効くニンニク風呂


ぬるいお風呂は、副交感神経を優位にさせ、

血管を拡張して心身ともに、安定・鎮静させる効果があります。


保温・快眠・循環効果が高まり疲労回復します。


特に、肩こり・腰痛・神経痛・リウマチに効果を発揮します。


● 最近話題のにんにくのサプリメントはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional