', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ニンニクの薬効で成人病や生活習慣病の予防を!効果・効能を知り、健康維持に役立て下さい。

ニンニクと胃腸障害

ニンニクと胃腸障害


温野菜であるニンニクは、消化・吸収を助けるばかりか、

整腸機能も高めます。


胃腸障害の改善に、ニンニクの有効成分は、

次の働きをします。


1 胃液の分泌を高め、消化促進


意に食べ物が入ると、

粘膜駅からガストリンというホルモンが出て、

分泌を高めます。


ニンニクもその刺激が、胃液の分泌を手伝い、

消化促進します。


2 消化・吸収・食欲増進に


タンパク質は、消化酵素ペプチンによって分解されます。


ニンニクはこのペプチン分泌を促し、

肉や魚などのタンパク質の消化を助けます。


中国や韓国料理をはじめ世界中の肉料理に、

ニンニクが使われたり、

日本でもカツオのたたきには、

にんにくを添えるもの、

全てこれらの効果を知った上のことなのです。


ニンニクは、肉や魚の臭い消しとして、

風味漬けとして、

殺菌・抗菌効果として、

そして消化・吸収を助け、

食欲増進をさせる効果があります。


3 鎮静・安定作用で、整腸効果


胃腸障害を持つ人は、胃液分泌のバランスを崩しています。


優れたビタミンB1である、アリチアミンによって、

末梢血管を拡張し、腸の運動を活発にします。


また、神経組織に鎮静・安定作用を与え、

整腸機能が正常になります。


● 最近話題のにんにくのサプリメントはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional