', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ニンニクの薬効で成人病や生活習慣病の予防を!効果・効能を知り、健康維持に役立て下さい。

ニンニクと肝臓障害

ニンニクと肝臓障害


高タンパク質・高糖分・高ビタミン・低脂肪で、

栄養のバラスを調整します。


肝臓機能の改善に、

にんにくの有効成分は、次に上げる働きをします。


1 脂質をエネルギーに変えます。


体内に吸収された脂質が、エネルギーに変わるためには、

メチオニンという成分が必要となります。


メチオニンが不足すると、肝臓に脂質が貯まり、

脂肪肝となり、さらに、肝硬変へと進行していきます。


ニンニクには、そのメチオニンが、豊富に含まれています。


2 B型肝炎が治る


中国には、にんにくを使用した治療法が盛んです。


ウィルス性のB型肝炎に関する治療例があります。


にんにく有効成分を投与した結果、

黄疸、肝臓肥大が、治ったといいます。


また、日本でも、急性・慢性肝炎の患者に、

にんにくから抽出した

S-アリル・L-システイン・スルフォキサイド

をカプセルに詰め、約1ヶ月間のませた結果、

肝機能の検査値が、好転したという例もあります。


3 肝炎には、タンパク質+ニンニク


肝炎の食事療法は、「三高一低」といわれ、

高タンパク質、高糖分、高ビタミン、低脂肪

とすることです。


さらに、

タンパク質と相性のいいニンニクを加えることで、

回復効果はよりアップします。


4 有害物質を解毒します。


アリシンは、有害物質の無毒化・分解・排泄作用をします。


さらに、細胞組織を活性化して、

肝臓を保護し強化する効果があります。


● 最近話題のにんにくのサプリメントはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional