', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ニンニクの薬効で成人病や生活習慣病の予防を!効果・効能を知り、健康維持に役立て下さい。

ニンニクと糖尿病

ニンニクと糖尿病


ビタミンB1とアリシンが、結合してできる

アリチアミンは、糖質代謝を促進して、

治癒力を高めます。


あらゆる合併症を伴う糖尿病の食事療法に、

取り入れたいのが、万能薬であるニンニクです。


糖尿病の改善に、有効成分アリシンは、

次の働きをします。


1 ニンニクとビタミンB1 


体内にあるビタミンB1と結合して、アリチアミンとなり、

ビタミンB1以上の効力を発揮し、糖質の代謝を促進します。


2 ニンニクとビタミンB6


体内になるビタミンB6と結合して膵臓は、

活性化し、インシュリン分泌を促進させ、

血糖値を正常に戻します。


3 ニンニクとビタミンC

血糖値が、200~300mgの人に、

ニンニク3片とビタミンC1mgを併用したところ、

ニンニクだけでは、顕著な効果がなかったのに、

見事に血糖値は正常になりました。


これはビタミンCの消費を促したからです。


このようなアリシンの結合能力を活用して、

糖尿病には食事療法、運動療法に加えて、

にんにくとビタミンCを併用すると、

より効果的に効き目が現れます。


● 最近話題のにんにくのサプリメントはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional