', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ニンニクの薬効で成人病や生活習慣病の予防を!効果・効能を知り、健康維持に役立て下さい。

ニンニクと更年期障害・冷え性・低血圧

ニンニクと更年期障害・冷え性・低血圧


ニンニクはホルモンの分泌を促し、

自律神経を安定させるのにも一役買っています。


更年期障害・冷え性・低血圧の改善に、

にんにくの有効成分は次の働きをします。


1 ホルモンの分泌を促す。


更年期障害は、特に卵巣ホルモンの低下と、

性腺ホルモンの多量分泌という

アンバランスによって変調がおきます。


アリシンは、卵巣ホルモンを刺激し分泌を促します。


2 スコルジニン効果で冷え性を改善


スコルジニンは、自律神経に機能を高め血圧を正常化し、

また、保温作用の働きで、毛細血管を拡張し、

血行を促進して、冷え性を改善します。


さらに、血液中の赤血球やヘモグロビンを増やし、

貧血を治します。


3 自律神経を治す


自律神経の変調を無くし、神経組織を、

鎮静・安定化し、自然治癒力を高めます。


● 最近話題のにんにくのサプリメントはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional