', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ニンニクの薬効で成人病や生活習慣病の予防を!効果・効能を知り、健康維持に役立て下さい。

ニンニクと心臓病

ニンニクと心臓病


生活習慣病を予防することで、心臓を守ります。

にんにくは抗血栓作用を促します。


心臓病の改善に、

ニンニクの有効成分は、次の働きによるものです。


1 コレステロール値低下作用


脂質として結合して、脂質アリシンに変わり、

ビタミンE同様の働きをします。


ビタミンEは、過酸化脂質を除去し、

コレステロールの除去、排泄を促します。


肉、卵、バターなどコレステロール含有量の多い食品も

ニンニクと一緒に食べると、

血中コレステロール値を、抑えてくれます。


2 血管拡張作用


さらに、脂質アリシンは、血管拡張作用で、

血管を広げ、赤血球を活性化し、

酸素を体内に運び、血液の循環をよくします。


3 期待される抗血栓作用


動脈硬化が進行すると、

脳出血や血栓形成がおきやすくなります。

特に現在、アリシンが加熱されたときに生じる

アホエン血小板に対する凝集抑制効果が、

高い関心をよんでいます。


ニンニク一個における抗血栓作用は、

24時間以上も継続して効果が認められたといいます。


ニンニクによる動脈硬化の改善への期待がますます高まります。


4 今後、ますます期待されるにんにく効果


新陳代謝を活性化し自然治癒力が高まり、

結果的に心臓機能の強化につながります。


● ニンニクの常用、ニンニク灸などが、効果的です。


● 最近話題のにんにくのサプリメントはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional