', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ニンニクの薬効で成人病や生活習慣病の予防を!効果・効能を知り、健康維持に役立て下さい。

ニンニクと便秘・下痢

ニンニクと便秘・下痢


便秘や下痢には、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、

末梢血管が、収縮したり、筋肉が緊張することで、

胃の働きが弱まることが起こります。


神経性からなる場合の多くは、

便器や下痢になると、

内蔵が緊張して冷えた状態になります。


  • 温野菜として


保温効果のあるニンニクは、末梢血管を拡張し

血行を促進します。


また、体が温まり、腸内も活性化して、

整腸機能が正常にします。


温野菜の効果が発揮されるわけです。


  • 殺菌・抗菌力


アリシンの抗菌力によって、

腸内にある悪玉菌を無くします。


また、新陳代謝を促し、自然治癒力を高め

下痢による疲労を回復します。


  • ニンニク過食で善玉菌を殺さないで


腸内には無数の善玉菌が存在しています。


アリシンには、腸機能を促進して善玉菌である

ビフィズス菌を活性化する働きがあり、、

このとき発生する乳酸菌や酢酸が、

腸管を刺激して活発な運動をします。


運動が活発であれば、整腸作用の働きで便秘が緩和します。

また、下痢の原因となる悪玉菌の増殖を制御します。


ところが、アリシンは、マイナス効果となることがあります。


アリシンの強い抗菌力は、ビタミンB2、ビタミンB6を

増殖させるビフィズス菌を阻止してしまいまし。

ビタミンB2,ビタミンB6不足は、

口唇炎や口角炎等の原因となります。


長期常用や生ニンニクの食べすぎには注意してください。


ニンニクを摂取するときには、

ビタミンB2を含む、レバーや豚肉、

ビタミンB6を含む牛肉やいわし、

大豆類を一緒に調理位するのが、

良い調理法と言えます。


● 最近話題のにんにくのサプリメントはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional