', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ニンニクの薬効で成人病や生活習慣病の予防を!効果・効能を知り、健康維持に役立て下さい。

ニンニクとガン予防

ニンニクとガン予防

ガンになる要因は食生活によることが大きいので、

どのような植物性食品の成分を取り入れることにより、

ガンの発生を未然に防ぐことが出来るのかを調べました。


ガン予防効果の高い食品40種類を、

効果の高い順にピラミッドに表してあります。


デザイナーズフーズ・ピラミッドで紹介されている食品は、

あなたの免疫力を高める食品でもありますから、

少量でも、毎日摂ることが大変重要になると思います。


画像の説明


日本人の約3人のうち1人が“がん”で亡くなっており、

死因の第1位となっています。


いまや、がんは“国民病”といっても言い過ぎではなく、

誰でもがんになる可能性があるといってもいいのではないでしょうか?


がんだけでなくアトピーやうつ病などの病気も、

免疫力が低下したときに起こるといわれています。


こういった病気にならないためには、とにかく、

免疫力を低下させないことが大事! 


日ごろの生活習慣に気をつけ、

病気を寄せ付けない身体でいたいものです。


そこで今回は、東京医科歯科大学名誉教授の

藤田紘一郎さんの著書『免疫力をアップする科学』を参考に、

“がん”対策にもなるスーパーフード3つをご紹介します。


■1:緑茶


緑茶には、“がん抑制”と“老化防止”効果があることがわかっているそうです。


とくに、緑茶に多く含まれているカテキン類が、

健康を増進する効果の重要な役割を果たしているとのこと。


なお、カテキンの体への吸収率をさらに高める方法としては、

緑茶をただ飲むだけではなく、

”ビタミンAを多く含む緑黄色野菜と

食べ合わせる”といいとのことです。


サラダなどで緑黄色野菜をたくさん食べた上で、

食後の1杯として緑茶を飲むようにしたいですね! 


ただし、緑茶にはカフェインが含まれており、

寝る前に飲むと眠れなくなってしまうため、

飲むタイミングはお気をつけください。


■2:にんにく


米国の国立がん研究所が、

がんを予防する食品をまとめて

“デザイナーズフード・ピラミッド”を作っていますが、

その中で予防効果の最も高い食品として選ばれているのが“にんにく”です。


にんにくというと、ニオイが……という方もいらっしゃるかと思いますが、

がんの予防効果のある食品としては抜群だといいます。


“1日4g”を目安に摂ることを勧めています。


なお、調理法によっては、にんにくのニオイを抑えることもできます。


色々な調理に、にんにくを使ってみましょう。

■3:キノコ



<キノコは食物繊維が豊富であるだけでなく、

β-グルカンという免疫力を高める成分が多く含まれています。


キノコの主成分であるβ-グルカンなどが、

免疫力を強化してがんが拡大するのを防いでくれるとのことです。


スーパーで手に入りやすいキノコといえば、

しいたけ、しめじ、えりんぎ、えのき、なめこ、まいたけなど、

色々な種類がありますよね。



キノコは低カロリーなので、ダイエットにも最適な食品です。


“キノコのガーリックバター炒め”などは、がん予防に最高ですね!


それでは、このからニンニクがなぜガンに効くのかを

詳しく紹介していきましょう。


ニンニクの成分の中にゲルマニウムという成分がありますが、

そのニンニクのゲルマニウムには、制ガン作用があります。


自然食品には、体に良い未知数の物質が存在します。


ニンニクにおける、制ガン効果について、

近年、世界中の研究者たちにより、

新たな見解が発表されています。


ガン予防に、ニンニクの有効成分について


1 ゲルマニウムの制がん作用


ニンニクに含まれる有効成分ゲルマニウムには、


それ自体に、制ガン作用があります。


その含有量の多さは、サルノコシカケに続いて、第2位です。


ゲルマニウムは、臓器に酵素を供給し、

その酵素と反応して細胞を活性化させて、

疲労・回復させる物質です。


さらに、自然治癒力を高めるアリシンとの相乗効果によって、

ガン予防の改善につながる重要な成分です。


2 硫黄化合物でガン予防


生ニンニクをすりおろした時に、

発生する臭いのもととなる硫黄化合物の中には、

ガンの発生や増殖を予防する作用があるといいます。


ジアリルモノサルファイド、

アリルメチルトリスルフィド

ジアリルジスルフィルドといった、

ニンニクに含まれる硫黄化合物に、

発ガン物質を活性化したり、

体外に排出する解毒作用を促進する

新しい生理機能が発見されたと

報告されています。


3 SMCに前ガン病変の抑制効果


硫黄化合物の中でも、

S-メチルシステイン(SMC)という物質に、

注目をおいています。


肝臓ガンを引き起こす発ガン物質だけを与えたラットと、

同じ発ガン物質を与えた直後に、SMCも投与したラットの肝臓を比較

すると、明らかにSMCを投与したほうが、前ガン病変の数は

半分以下になることがわかりました。


同様に、

大腸ガンでも同じ結果が得られました。


これにより、SMCは、

肝臓ガンや大腸ガンの前ガン病変を抑制することがわかり、

今後もSMCの研究は進められています。


4 ガン治療にも・・・


ニンニクはガンの予防にとどまらず、

「発ガンしたガン治療にも効果があるのではないか」

と、実験を続けています。


5 膀胱ガンの進行を抑制します。


ニンニクのエキスには、

膀胱ガンの細胞を殺す効力があると報告があります。


これによりますと、

ニンニクは、膀胱ガンの発生を40%減少させ、

腫瘍の成長を60%抑制し、

生存率を50%高めりことがわかりました。


● 最近話題のにんにくのサプリメントはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional