', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ニンニクの薬効で成人病や生活習慣病の予防を!効果・効能を知り、健康維持に役立て下さい。

ニンニクとアトピー性皮膚炎

ニンニクとアトピー性皮膚炎


乳幼児には苦痛のない治療法を!

家庭でできるにんにく風呂を試してみてはいかがでしょう。


アトピー性皮膚炎の改善に、有効成分アリシンは、

次の働きをします。


1 保温効果


保温効果によって、体の芯まで温まって血行が良くなり、

細胞の働きも活性化します。


その結果、皮膚の回復も早まり、

細菌に対する抵抗力も生まれます。


2 水分保持効果


アトピー性皮膚炎になると、皮膚の水分は無くなり

カサカサに乾きますので、

一層かゆみが強くなります。


ニンニク風呂に続けて入浴することで、

皮膚の水分量は6倍にも増加し、

皮脂膜の成長を促すことになります。


3 皮膚吸収効果


皮膚から直接浸透したアリシンのビタミンB1の

機能効果により、自然治癒力を高めます。


さらに、殺菌・抗菌作用が、皮膚に存在する

ブドウ球菌などの細菌に対して効力を発揮します。


● 最近話題のにんにくのサプリメントはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional