', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ニンニクの薬効で成人病や生活習慣病の予防を!効果・効能を知り、健康維持に役立て下さい。

アリシンの消化促進・食欲増進作用

アリシンの消化促進・食欲増進作用


「快食・快便・快眠」は、

健康な生活を送るために必要な3条件ですが、

簡単にそうでいて、なかなかままならないのが現実です。


「胃が重く食が進まない」

「便秘がちで困る」

「なかなか眠れない」

といった悩みを抱えてする人は割と多いものです。


このような自覚症状の背後には、

重大な病気が潜んでいる事とがあります。

甘くみないで、

とりあえず病院で検査を受けることが必要です。


とり立ててどこが悪いということはないのに・・・

という場合に、有効なのが、ニンニクです。


アリシンを中心とするニンニクの薬効成分は、

「快食・快便・快眠」の面から見ていくことにします。


胃腸に自信がない人は、胃がもたれたり、食欲がわかなかったり、

ということが多いものです。


普段はそうでもないのに、夏場だけはどうしても、

食が進まないというのもよく聞きます。


これは、胃や腸など体内の消化器官の働きが

低下したために起こる現象です。


胃腸の働きが悪くなると、消化液の分泌が減り、

食べたものを消化する機能は衰えます。


消化のされ方が、十分でなければ、当然吸収率も悪く、

体内の栄養バランスも崩れて、

体調が思わしくなくなります。


胃腸の機能が低下した状態の時は、

少々の刺激を与え、能力を高める必要があります。


食欲を高めるための、名脇役として「薬味」を

大いに利用してきました。


夏バテ気味で食欲のないときでも、

刻みネギやおろしショウガ、

シソの葉、胡麻、ワサビなどの薬味を聞かせた料理は

結構食べられるものです。


これは薬味の持つ香りや辛味が

料理の味を引き立てるだけでなく、

胃腸を刺激し、その機能を高める働きをするからです。


スパイスを多用した料理でお馴染みのものといえば、

カレーです。


食欲のないときでも、刺激的な匂いと辛味につられて、

いつの間にか平らげてしまうことはないですか?


これは、薬味の効果と同様で、スパイスの中に含まれる

刺激成分が、胃腸の機能を高めることことによりものです。


メカニズムは次の通りです。


1 スパイスに含まれる刺激成分が消化器の粘膜を刺激する


2 中枢神経の働きが高まる。


3 消化器に両給される血液量が増える。


4 消化器の分泌が増える。


これと同時に、刺激を受けた腸のぜん動運動も促進され、

栄養分の吸収率が上がります。


つまり、食欲を増すだけでなく、食べたものがしっかり、

身につくというわけです。


にんにくは臭いがきついために、

刺激が強すぎていに良くない食べ物という

イメージで捉えられることも多いようです。


もちろん、生ニンニクをむやみに食べ過ぎると、

体のバランスを崩す原因になることがありますが、

適量を守れば、胃腸にとても良いものなのです。


にんにくに含まれるアリシンは、胃腸を適度に刺激し、

消化液の分泌を促し、消化機能を高めます。


また、肉料理にニンニクを使うと、

肉の臭みが消え、独特の風味を醸し出すばかりか、

アリシンの強い殺菌作用によって、

「毒消し」の効果も期待できます。


さらに、アリシンには、タンパク質やビタミンと結びつき、

これを吸収しやすい形に変える働きもあります。

ニンニクを使った料理は美味しい上に、

体にもいいとなると、最高な食材です。


● 最近話題のにんにくのサプリメントはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional