', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ニンニクの薬効で成人病や生活習慣病の予防を!効果・効能を知り、健康維持に役立て下さい。

アリシンの快眠作用

アリシンの快眠作用


ぐっすりと眠ったあとに迎える目覚めの心地よさは、

何者にも変えがたいものです。


爽やかな気分で朝食を取れば、食も進み、

それが消化器官へ刺激となって、

スムーズな便通を促します。


さらに、好スタートで始まった一日というものは、

心身ともに充実し、それがまた

夜の満ち足りた眠りをもたらすのです。


「快食・快便・快眠」が健康的な生活の3条件と言われる所以は、

まさにこの相関係にあるわけです。


体にいいと言われる、ニンニクが、

実際にどのような薬効をもたらすのかを、

「快食」「快便」について考えました。


次は、3条件の最後のニンニクがどのように

「快眠」に有効なのかを知っていただきます。


満ち足りた睡眠は、充実した一日の源とも言えるものなのでが、

実際には、自分の眠りに満足している人は、

以外に多くないと言われています。


睡眠についての不満でよく耳にするのが、

睡眠不足という言葉です、

いったい人間は、何時間寝ればいいのかという質問に、

明確な答えはないようです。


調査によると、平均して7~8時間の睡眠が一般的と言われていますが、

当然個人差はつきものです。


実際私たちの周りには、あまり眠らなくてもいい人もいれば、

毎日9時間以上眠らないともたないという人もいます。


つまり、満ち足りた睡眠というのは睡眠の時間の長短だけでなく、

睡眠の質に左右されるものだといえるようです。


自分の眠りに満足していないという、もうひとつの悩みが、

「不眠」です。


「なかなか寝付けない」

「夜中に度々目を覚める」

「朝早くから目を覚めてしまう」

などの訴えをしばしば聞きます。


この状態が生じると確かに、「不眠症」と言われる病気になります。


大抵のものは一過性のものですが、

誰にでもあることです。


さほど気にする必要はありません。


あせらず、「1晩ぐらい眠らなくても大したことはない」

と気楽な気分でいるほうが得策と言えます。


不眠の悩みは、発達した能を持つ人類共通のものと言えます。


昔から眠れに時には、刻んだ玉ねぎを枕元に置くといいと、

言われているように、眠りに誘うさまざまな方法が

考えられてきました。


眠る前に入浴をしたり、お酒を飲んだりすると、

良く眠れるというのは、誰もが経験していることです。


入浴や飲酒には、全身の血行を良くして体を温め、

さらに、ストレスを発散させる効果があります。


この効果をさらに高めるのが、ニンニクです。


ニンニクには、昔から知られているように、

「結構をよくして体を温め、精力を増す」

という薬効があります。


ニンニクを食べると、末梢の血行が良くなり、

皮膚温が上がることは、

これまでに行われたテストで確かめられていますが、

これはまさに、睡眠中の体の状態と同じだということです。


また、既にご存知のとおり、ニンニクにはビタミンB1、

カルシウムが豊富に含まれていますが、

この二つの栄養素には、

神経細胞の興奮を抑制し、精神を安定させる働きがあります。


特に、ビタミンB1は、糖質がエネルギーに変わる時に不可欠な栄養素。


つまり神経的な疲労と肉体的な疲労を取り除くには、

ビタミンB1を十分に補給しなければならないわけです。


ところが残念なことに、ビタミンB1には、体内での吸収率が、

悪いという難点があります。


この難点をカバーし、ビタミンB1効果を高めるもの、

それがニンニクに含まれるアリシンなのです。


したがって、不眠気味と思われる方は、

是非一度、ビタミンB1を多く含む食品と

にんにくを一緒に食べると、

また、就寝前にニンニク風呂に入る、

寝酒には、ニンニク酒を盃1杯ぐらい飲む

などの方法を試してみてはどうでしょう。


● 最近話題のにんにくのサプリメントはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional