', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ニンニクの薬効で成人病や生活習慣病の予防を!効果・効能を知り、健康維持に役立て下さい。

アリシンの効果

アリシンの効果




画像の説明

アリシンの効果について

⇒ アリシンの効果による作用について


殺菌作用を持つアリシン


アリシンは強力な殺菌・抗菌作用を持ち、

アリシンを含むニンニクの揮発油は、

12万倍に薄めても、チフス菌やコレラ菌に

対抗する抗菌力を持っているといいます。


また、結核菌に対しても、

効果を示すと言われています。


結核菌はその菌体細胞に、油膜を持ち、その油膜がバリアーとなって

退治していくのですが、アリシンはその油膜を通り抜け、

結核菌に効果を示すのです。


アリシンによるニンニク効果


ニンニクの効能をあげてみます。


●  ニンニクの効果

・ 血管を拡張し、血液循環を良くする。

・消化を促進し、胃腸を整える。

・毒性の強い物質から肝臓を守る。

・インシュリンの分泌を助け、糖尿病に効く。

・精力を増強する。

・細胞の衰えを防ぎ、活性化する。

・ホルモンの生産を促す。

・優れた増血(造血)作用がある。

・神経組織を良好にする。



・身体に備わる調整機能力を万全にする。



・ガンになりにくい体を作る。


複合効果で、能力発揮!!


アリシンの有効性の特徴は、他の物質と結びついて、

新たな効力を発揮する性質を持ち、

それが極めて高いことです。


  • アリシン+ビタミンB1⇒アリチアミン


ビタミンB1と結合すると、

アリチアミンを生成し、ビタミンB1と同じような働きをします。


ビタミンB1は、糖質を体内で、ブドウ糖として吸収し、

運動エネルギーを促す糖代謝に不可欠なもので、

ビタミンB1が不足すると、糖質の代謝がうまくいかなくなり、

運動エネルギーの不完全燃焼になります。


乳酸が増えて、疲れやすくなり、体力も低下します。


また、ビタミンB1は、水溶性ビタミンのため、

体内での吸収が悪く、せっかく摂取しても、

体外に排出されてしまいます。


これらの欠点を補うアリチアミンは、

「活性持続型ビタミン」とよばれ、

ビタミンB1以上に、不可機能を備えていて、

細胞の活性化、代謝促進に基づく代謝効果を発揮します。


その結果、



中枢神経や末梢神経に鎮静作用を与える一方、

腸壁を刺激し、整腸作用を促します。


また、末端血管を拡張し、保温効果を上げ、

不眠症、便秘などにも有効です。


  • アリシン+タンパク質⇒消化吸収


アリシンは、タンパク質と結合すると、

消化吸収を促進します。


これは、肉にニンニクを添えて食べると

消化吸収を高めることからも解ります。


  • アリシン+脂質⇒脂質アリシン


アリシンは、脂質と結合すると、ビタミンEと同じ働きをする

脂質アリシンを生成します。


ビタミンEの特質は、抗酸化作用


(過酸化脂質の増加を食い止め、コレステロールによる

血管内の老廃物を排除)によって、

血液をきれいにし、血行をよくします。


また、赤血球を増加させ、細胞をリフレッシュし、

抗血栓作用による、動脈硬化、心筋梗塞、

脳梗塞の予防、老化、美容などに有効です。


  • アリシン+ビタミンB6⇒糖尿病予防


体内のビタミンB6(あるいはB1)と、結合して、

すい臓などの働きを活発にし、インシュリンの分泌を促進させます。


インシュリン不足、すい臓ん機能低下によっておこる

糖尿病予防や治療に有効です。


  • アリシン+二流化ジアリル(他の硫黄化合物)


アリシンが、分解してできるニンニク油の主成分です。


ニンニク特有の刺激臭の元となる成分で、

抗菌性や薬効があります。


アリシンが加熱されたときに生じる物質アホエンには、

高血小板作用や抗菌作用があります。


新たな作用とは?


この他に、ガンに対する免疫作用などはじめ、

アトピー性皮膚炎、花粉症、食中毒(O157)

への効果などにも注目が高まっています。


ニンニクの有効性は、ますます多岐にわたり広がっていきます。


ニンニクの薬効についてみていくと、

かなり興味深いことが多岐にわたりあることがわかったと思います。


このニンニクの薬効は、非常に効果があり、

成人病や生活習慣病の予防に効果があり、常食することによって、

予防することが出します。


● 最近話題のにんにくのサプリメントはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional