', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ニンニクの薬効で成人病や生活習慣病の予防を!効果・効能を知り、健康維持に役立て下さい。

アリシンの便秘解消作用

アリシンの便秘解消作用


「快食」の次は、「快便」と続くのがいいかと。


実際、排便がスムーズでない、

便通がないなどの悩みを抱えている人はわりに多いものです。


現代人に慢性的な便秘が増えているという指摘もあります。


毎日規則的に便通があるというのは理想的なパターンですが、

排便の周期にはかなりの個人差があり、

一日中便通がなかったからといって、

即、「便秘」というわけではありません。


一般に3日以上便通がなく、お腹が張るような感じや、

不快感がある状態を便秘と呼んでいます。


便秘には、大きく分けて、2つのパターンがあり、

現代人の多いと言われるのが、

弛緩性常習便秘と言われるものです。


腸管の緊張や運動が緩慢になることによって

引き起こされるケースです。


原因としては、生活リズムの乱れ、運動不足、

肉食中心の生活などがあげられます。


また、腹痛や下痢の多い人により現れるのが、

過敏性腸症候群の1症状としての便秘で、

これはケイレン性便秘と呼ばれています。


過敏性腸症候群は精神的なストレスが原因となり、

大腸の運動機能を調整している自律神経の

バランスが乱れるために起こるもので、

下痢や腹痛が治ると、今度は便がポロポロになって

少ししか出なくなるというのが特徴です。


いずれのタイプの便秘にしても、

便は体の不要なものです。


体内に長くとどめておくと、当然弊害が出てきます。


特に常習性の便秘では、

頭痛、吹き出物、食欲不振、イライラなどの

不快な症状を引き起こすだけでなく、

最近では腸癌の原因になりとの指摘もあります、

早めに手を打つことが肝心です。


常習性便秘の治療は、

生活習慣や食事内容を改め、適度な運動をするなど

日常生活の範囲で少しずつ行いたいものです。


特に、食事内容ということに関して最近は、

ダイエタリーファイバーが、

便秘に有効という話をよく耳にします。


野菜類を多く含む食物繊維は、

朝の内壁を刺激し、腸管のぜん動運動を促進して

便通をよくするという働きがあります。


さらに、食物繊維は栄養分を含まないので、

便の材料となり、便を排出しやすい

硬さにするという効果があります。


ニンニクが便秘に効くと言われる理由の一つに、

この食物繊維の働きがあります。


一般的に用いられるのは、にんにくの鱗茎と呼ばれる部分ですが、

鱗茎には多くの栄養分が蓄えられているだけでなく、

植物繊維も豊富に含まれています。


また、ニンニクの成分分析ですでにご存知のとおり、

ニンニクには糖質が非常に多く含まれています。


この糖質の主成分であるスロドースには、

腸管のぜん動運動を促進する働きがあると言われています。


さらに、ニンニクに含まれるアリシンには、

強い抗菌作用とともに、血行を促進する作用があります。


アリシンの刺激により、胃腸は次第に能力を回復していきますが、

同時に作用する血行促進の働きによって、

さらに、その回復率が良くなるというわけです。


ニンニクが便秘に有効というわれるのは、

このような作用が、相乗的に働き、全身機能を高めてくれるからです。


便秘によって、腸の機能に支障をきたすと、全身の機能も低下してき、

様々な弊害が現れた来ます。


つまり、便秘は万病の元となります。


スタミナ源として、体に力をつけ、自然な抵抗力を高めてくれる

ニンニクの常食が便秘に有効という理由は、ここにもあります。


● 最近話題のにんにくのサプリメントはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional