', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ニンニクの薬効で成人病や生活習慣病の予防を!効果・効能を知り、健康維持に役立て下さい。

アリシンと鎮痛作用

アリシンと鎮痛作用


ニンニクの鎮痛作用については、

昔から伝わる民間療法の分野でも高く評価されています。


とりわけ中年以降に多く見られる神経痛に用いると、

激しい痛みが緩和されると言われています。


神経痛と言うわている症状のうち、真性神経痛と呼ばばれる、

坐骨神経痛、三叉神経痛、上腕神経痛、肋間神経痛などは、

原因が不明なため、治療法もその時の痛みを

抑えようとする対処療法にならざるをえません。


従って、神経痛には、

この薬といった特効薬がないというのが現状です。


ニンニクがそれらの痛みを抑えるのに

有効と言われる理由としては、

薬効成分の中心であるアリシンの働きが考えられます。


アリシンがどのように痛みを鎮めるのかについては、

残念ながら、そのメカニズムは

現在のところ明らかではありませんが、

何らかの問題が生じた神経細胞に、

アリシンが刺激を与え、その結果として、

痛みが抑えられるものと考えられます。


アリシンの鎮痛作用は、単独で用いるよりも、

ビタミンB1と結合した時に、より効果が期待できます。


ビタミンB1は、「情緒のビタミン」と言われるほど、

神経系統との関係が深いビタミンですが、

体内での吸収が悪く、滞留時間が短いということは

既にご存知のとおりです。


ところが、アリシンとビタミンB1が結合して、

アリチアミンの形になると、

体内に留まる時間屋吸収率がアップするので、

それだけ神経に対する作用も強力になるというわけです。


ニンニクには、このような、

「食べる痛み止め」とも言える

優れた働きがあるのですが、

この働きもたらしているアリシンは、

にんにくの細胞組織を壊した時に、

生成する物質です。


したがって、

にんにくの痛み止めの効果を期待するとき、

細かく刻んだり、すりおろしたりして、

ニンニクを生成することが必要です。


以上のことを考え合わせると、

すりおろしたにんにくと、

ビタミンB1を多く含む胡麻などの種実類を使った

ドレッシングやタレは、

調理の際に大いに利用したいものです。


このタレを、レバーや豚肉などの料理に

用いるとさらに、その効果が高まることは、

既にご存知のとおりです。


ニンニクの鎮痛作用はこのように、

「食べて効く」という内容の効果だけでなく、

湿布や灸などに用いる外用としての効果もよく知られています。


食用では、体内において神経細胞を鎮める作用を及ぼした、

アリシンが、体外の組織、つまり皮膚から吸収されて、

神経に働きかけるためだと思われます。


ニンニクが外用にもたらす、鎮痛作用について、

数多くの体験談を実証しています。


にんにく灸、ニンニク湿布の具体的な作り方については、

改めて説明をしますので、参考にしてください。


● 最近話題のにんにくのサプリメントはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional