', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ニンニクの薬効で成人病や生活習慣病の予防を!効果・効能を知り、健康維持に役立て下さい。

アリシンと老化予防

アリシンと老化予防


人間の体は、18~20代ぐらいで成熟のピークを迎え、

その後は徐々に老化し始めると言われています。


20代で老いを意識することはないでしょうが、

30代に入ると、体の機能が、かなり落ちてきます。


たいていの人が老いを自覚するのが、

40~50代にかけて、体内の機能が衰えた結果が、

目に見える老化現象となって、

体のあちこちに現れてくる頃です。


老化の始まりは、視力が急に落ちたり、

歯が悪くなったりということで

意識することこともあれば、

足腰の筋肉が衰えてきたとか、

肩こりや腰痛が頻繁に起こるという

ケースになることもあります。


また、内臓や血管に問題が起き、

老いを自覚する場合もあります。


誰しも等しく起こる老化現象を防ぎ、

高齢を迎えてもなお、

若々しい体を保ちたいという願いは、

古今東西の共通のもので、昔から人間は不老不死の

霊薬の登場を待ち続けてきました。


現在のところ、老化を完全にシャットアウトする

薬や方法は見つかっていませんが、

老化を遅らせるためのヒントはあります。


その一つが、前項で取り上げたホルモンの関与です。


ホルモンの役割や老化の関わりについて、

詳細に紹介しましたが、

ホルモン分泌を促進する作用のある

ニンニクが、老化予防に有効であることは確かです。


血管の老化である動脈硬化は、

心筋梗塞や脳卒中を起こす原因として

恐れられているものです。


年とともに硬化する血管は、

よく古くなったゴムホースに例えられます、

若い時のような弾力性がなくなり、

伸縮に耐えられなくなります。


血液中のコレステロールが増えると、

血管の内膜に付着し、血液の循環が悪くなることで、

成人病と総称される多くの病気の原因となります。


ニンニクに含まれるアリシンに、

新陳代謝を促す作用があることは、

既にご存知のとおり、アリシンのこの作用により、

血管の細胞は新陳代謝を促され、

本来の弾力を保つことができるのです。


もう一つの働きに、造血作用があります。


アリシンの持つ造血作用については、

貧血予防効果の際に、アリシンには、血液中の

赤血球を増幅する作用があることが指摘されています。


この造血作用は、アリシンが脂質と結合した時に、

さらにすばらしいものになります。


これは、アリシン特有の結合効果の一つですが、

脂質と結合したアリシンは脂質アリシンとして、

血液の流れをよくし、赤血球を増やして体の

すみずみまで新鮮な血液を送るので、

細胞の老化を防ぐことが出来るのです。


アリシンのこれらの作用は、

若返りのビタミンと言われる

ビタミンEとの比較でも明らかにされています。


血液中の赤血球は、

酸素を体内の諸器官に運ぶ働きを持っていますが、

ビタミンEとニンニクのおろし汁を摂取した後の、

血液の状態を調べたところ、ニンニクのおろし汁を

摂取した後の方が、赤血球の数が多かったという

結果が報告されています。


血液中の赤血球が増加すると、体内の各器官は、

十分に酸素を補給され、その機能を高めることができます。


細胞の新陳代謝も促されるので、器官自体の老化を

防止することにもなるわけです。


アリシンはこのように、血管自体の老化を防ぎ、

血行をよくして、常に新鮮な血液を体の隅々に送ることで、

老化の大元である細胞の老化そのものを防ぐ作用があります。


アリシンの働きには、他にも、疲労回復や食欲増加、

精神や神経の安定など多くのものがありますが、

血管や血液に及ぼす優れた効果とともに、

これらがすべて相乗的に作用し、いつまでも若々しく健康的な

体を保つことを可能にしてくれるのです。


● 最近話題のにんにくのサプリメントはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional