', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ニンニクの薬効で成人病や生活習慣病の予防を!効果・効能を知り、健康維持に役立て下さい。

その他とアリシンの成分

その他とアリシンの成分


スコルジニン


スコルジニンは、窒素や硫黄を含む配糖体です。


● スコルジニの効能


1 新陳代謝を盛んにする


スコルジニは、酸化還元作用があり、体内に入った栄養素を

完全に燃焼させてエネルギーに変えます。


・ 心臓筋肉に作用して拍動を増強する。

・ 呼吸を促進させる。

・ 末梢血管を拡張させる。



・ 胃液の分泌を旺盛にして、消化を促す。

・ 平滑筋に作用して、活気づける。

・ 組織内に蓄積する老廃物や毒素を排出する。


2 ビタミン同様の働き


体内に入ると、スコルジニンからビタミンの一種がでてきて

ビタミンと同様の働きをする。


スコルジニンとビタミンB1を併用すると

腸内でのB1破壊を防止する。


3 ホルモノ系を刺激して精力を増強する


スコルジンは、疲労回復、食欲増進、冷え性

不眠症、神経痛、筋肉痛、高血圧、動脈硬化

などの改善につながります。


また、スコルジニンの一成分は

ガンを抑える働きがあると言われています。


ニンニクを常食している中国や韓国に、

ガン患者が少ないと言われていることから、

ニンニクはガン予防にも役立つという期待が持たれます。


ゲルマニウム


ニンニク中に含有されるミネラルの一種です。


酵素を全身に供給する働きがあり、

疲労回復、強壮の効果があります。


また、最近では、発がん抑制剤として議論が高まり、

研究がなされています。


メチルアリルトリスルフィド


血小板抑制作用があり、血液の凝固を防ぎます。


脳卒中や心筋梗塞などの血栓症防止に効果があります。


新たな作用とは?


この他に、ガンに対する免疫作用などはじめ、

アトピー性皮膚炎、花粉症、食中毒(O157)

への効果などにも注目が高まっています。


ニンニクの有効性は、ますます多岐にわたり広がっていきます。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional