', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ニンニクの薬効で成人病や生活習慣病の予防を!効果・効能を知り、健康維持に役立て下さい。

しじみの効能

しじみの効能



画像の説明

しじみの特徴


しじみは日本に約七種類が住んでおり、

有名なものは次の三種です。


普通の川、池などでとれる、

貝がらは黒くザラザラとした感じがする「マしじみ


海水が少し混じっている所にすむ、

からがなめらかでピカピカとしている「ヤマトしじみ


からのこう配が急で、もっともおいしいといわれる

琵琶湖の特産品「セタしじみ」があります。


旬はとくに無く、

一年中とれますが、真夏にとれる土用しじみ、

寒い最中の寒しじみが特においしいといわれています。


色が真っ黒で、粒が大きいものが良いもので、

色が白っぽく小さいものは並品で味もおちます。


血圧異常に効くしじみ


しじみは肉量は少ないのですが、

この身の中には上等なタンパク質が含まれています。


また必須アミノ酸もバランス良く含まれており、

その中の一つタウリンという成分が、

体内の血圧を調節する働きをもっています。


高い血圧を下げ、心臓の興奮を静め心臓病を予防し、

血管の中で血液が固まっておきる血栓病を防ぎます。


また低い血圧を上げるなどの数々の作用があり、

成人病が気になる年代の人には、

もってこいの食品といえます。


肌の老化、しみなどを防ぐしじみ


しじみには、カルシウムが多く含まれているため、

肌の老化、しみの防止などに効果的です。


他にしじみは、母乳の出の悪い人、

産後の衰弱などにも効果があるといわれています。


しじみパワーの源 オルニチンとは


肝臓の働きを助ける食品として有名なしじみは、

お酒を飲んだ後や翌朝に温かいしじみ汁を飲んで、

実際に体調がよくなったことを実感した方も多いでしょう。


その効果をもたらしている成分のひとつが、

しじみに含まれている

オルニチン」であると考えられています。


しじみには、オルニチンの他にも

「良質のタンパク質」「タウリン」

「アラニン」「ビタミンB12」などが含まれています。


それらは、牛乳やホタテ・イカ・ハマグリ・あさりにも、

しじみと同程度かそれ以上含有されています。


しかし、オルニチンは他とは違い、

しじみだけに飛び抜けて多く含まれる成分なのです。


しじみ(シジミ)の栄養成分は、

ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンDなどや、

カルシウム・鉄・リン・コバルトなどのミネラル成分、

タウリンなどです。


海産物は栄養素・ミネラル成分が豊富ですが、

シジミもまた同様に栄養成分豊かな健康食材と言えます。


しじみに含まれるタンパク質は少量ではあるものの、

アミノ酸(チアミン・タウリン・コハク酸)が

含まれており大変良質です。


シジミに含まれるタンパク質(アミノ酸)は

胆汁の働きを促進する作用があり、

肝臓の解毒作用を促進する健康効果があります。


このシジミの健康効果は二日酔いの解消に威力を発揮します。


二日酔いの翌朝の朝食に、

しじみの味噌汁を飲むと二日酔いが

解消されるのでおすすめです。


また、しじみには「イノシトール」という

栄養成分が含まれ肝臓への脂肪付着を

予防する効果があるほか、

コハク酸と呼ばれる栄養成分は

胆汁の分泌を促進する効果があります。


しじみ(シジミ)の健康効果/効能は

主に肝臓で効果を発揮するようです。


しかし肝臓への健康効果だけではなく、

眼精疲労の改善・利尿促進といった効能も

シジミにはあるそうです。



● 最近話題のにんにくのサプリメントはこちらをクリック

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional