', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ニンニクの薬効で成人病や生活習慣病の予防を!効果・効能を知り、健康維持に役立て下さい。

FrontPage

ニンニクの効能の知り、生活習慣病の予防をしましょう。



画像の説明

あなたはニンニクがなぜ効くか知っていますか?!


ニンニクの効能って何?


ニンニクは知られているようで、

理解されていない食品はないでしょう。


ニンニクが体にいいのは誰でもが言うことです。


しかし、「なぜ体に良いのか?」


ということは、本当のことを知っている人は、

まず少ないと思います。


つまり、

ニンニクは、なぜだか解らないけど、

「ニンニクは効く」くらいという事で、

言ってみれば、迷信的対象になっているわけです。


しかし、ニンニクが体に良いというのは、

迷信でも、信仰でも、ありません。

ニンニクは科学的に見て、実に優れた食品なのです。


ニンニクの優れた点は、

体が芯から丈夫になること、

また 病気に対して、一時おさえでない、

根本的な妙薬であることです。


ですから、病気を治す場合は、西洋医学からすれば、

体にはっきりあらわれた症状を、おさえるという対症療法であり、

それだけに、治療は局所的、一時的になることが多いのです。


しかし、漢方では、局所だけや、一時抑えでない

全身を捉え他治療法をとるのです。


このような漢方薬的民間薬として降るから使われてきたのが、

ニンニクです。


ニンニクの効能で効果が出る病気とは何か?


このニンニクに取り組み、その有効成分の解明や、

どうしたら効果的に利用できるのかを紹介します。


このサイトをご覧になっている方には、

体が、ひ弱で、胃腸病を始め、

内臓の病気で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。


または,ニンニクを常用することで、病気の内蔵は良くなり、

体自体にめきめき力がつき、

健康な日々を過ごしている方もいると思います。


ニンニクの効能(アリシン)」とタイトルになっているように、

ニンニクの成分はもとより、

ニンニクの有効成分を明らかにし、

ニンニクを薬として用いるには、

どのようにしていけばいいのかについて掲載しています。


ニンニクが敬遠される第一の原因として、

あの悪臭についても、知る限り消臭手段を載せ、

今後の対策としていただきたいと思います。


ニンニクは、何に効くのか?

よく言われている、

ニンニクの精力増強、スタミナの強化を中心に、

その他には、どのような病気、どのような病状に対して、

ニンニクをどのように用いれば、

効果があるか、について掲載しています。


ニンニクを食べるには、「2つの問題」があります。


まず 第一に、ニンニクの効果を落とさないこと

第二に、美味しく食べる ことができること。


生で食べる、蒸して食べる、焼いて食べる、

煮て食べるという調理の仕方の違いによって、

ニンニクのおいしい食べ方を紹介します。


病気にかかっている人はもちろんですが、

これといって病気にかかっているわけではないけど、

疲れやすい、風邪をひきやすい、

体がだるい、スタミナがないというような半健康の人、

あるいは、自分の健康をさらに維持したい人まで、

健康食のNo1のニンニクの活用法を実行していけば、

真から体に力がつき、照りつける太陽の下でも、

厳しい寒風の中でも、滅多なことでは、

バテたり、弱音を吐いたり、しないようになることでしょう。


また、ニンニクに養われた基礎体力は、

たとえ病気が体に入り込んだとしても、

すぐさま退治してくれることでしょう。


この機会に、ニンニクについて何故ニンニクが効くのかを

しっかり認識をして、健康維持に役立てていただければ幸いです。

では次に、ニンニクの成分についてみていきましょう。


ニンニクの成分


ニンニクの成分の発見


にんにくがなぜ体に良いのか?

それをはっきりした理由は、ほとんどの人が解っていないのに、

人ずたえに、ニンニクは健康に良いと思われています。


また、刺激が強すぎて、毒だという少数意見があるのも事実です。


この強烈な刺激の悪影響は確かに存在し、

ニンニク嫌いを作る要因になっています。


裏を返せば、

それだけニンニクの効果は絶大だということの証明にもなります。


まずは、いったいニンニクとは、どういう成分を持っているのか?

其の辺から調べていきましょう。


ニンニクの成分とは?


80年前に、ドイツの化学者ゼムラー氏です。

彼は、ニンニクの臭気を分析し、

匂いの本体を突き止めた最初の人です。

1892年のことです。


それによると、にんにくの成分は、


・ ジアリルジサルファイド     60%

・ ブロピルアリジルサルファイド   6%

・ ジアリルトリサルファイド    20%

・ ジアリルモノサルファイド     痕跡

・ 他硫化アリル化合物        存在

・ セスキテルペン          存在


つまり、ほとんどが、アリール系揮発油ということになります。


しかし、この中の60%をしめるジアリルジサルファイドが、

ニンニクの臭気に近いこともあって、ジアリルジサルファイドこそ、

ニンニクの主成分であり、有効成分でもある。


それから、20年後、

ドイツの学者ルンドクウィストは、別の方法により、

成分を取り出すことに成功した。


彼は、これをブドウ糖成分を持っている配糖体、

つまり、グルコサイドであるとし、

ニンニクの学名アリウムから考えて、

アリシン」と命名したのです。


その後、1944年にアメリカの学者である、

カバリット、ベイリー、バックの3人は、

においのもとである「アリシン」を発見し、

匂いの解明の糸口をつかんだ。


その後、スイスの博士立ちの研究により、

ニンニクの成分は完全に解明されました。


ニンニクの成分

ニンニクの栄養成分によると、

主成分は、


水分      60.3g

タンパク質   8.4g

脂質      0.1g



糖質      28.7g


繊維       0.9g


です。


ミネラル類としては、

カリウムが多く含み、

リン、鉄、ナトリウム、カリウム、マグネシウム

亜鉛、銅。


ビタミン類では、

野菜類の中ではビタミンB1を非常に多く含んでいます。


しかし、このよな一般的な栄養学的な価値からのみでは、

ニンニクを判断することはできません。


なぜか?


わずか0.1%のアリシンという成分の中に、

ニンニクの秘密が隠されているからです。


アリシンを調べる


アリシンは、分解しやすく、空気に触れると、

二流化ジアリルをはじめとする強い匂いの

硫黄化合物に変化します。


この「硫黄化合物」が、臭いの成分です。


ニンニクに含まれる含硫濃度の高いアミノ酸を

「アリイン」と呼び、

このアリインが、「アリナーゼ」という酵素と反応して

アリシンが生成されることを突き止めました。


もともと、アリインとアリナーゼは、

細胞が損傷されると、両者は反応し合い、

ニオイのもとであるアリシンが発生するわけです。


つまり、ニンニクを傷つけない限り、

匂いは発生しません。


加熱したニンニクに、臭いが少ないのは、

熱を加えることによって、

アリナーゼが、失活して、

アリインがアリシンに変換しないからです。


ネギ類以外の野菜をすりつぶしても、

強い匂いを発生しないのは、

アリナーゼが、ほとんど含まれていまいからです。


不安定な成分アリシン


アリシンは、損傷を受けて、空気に触れることで、

生成されます。


その効力は、時間が経つにつれて弱まっていきます。


ニンニクは、すりおろしが効果的というわけです。


加熱してしまうと、熱に弱いアリナーゼは、

失活し、アリシンを生成しません、

匂いは弱まりますが、抗菌力も弱めてしまいます。


しかし、ニンニクを丸ごとそのまま

煮る・蒸す・揚げるなどの熱処理をしますと、

アリシンの効果をそもままに閉じ込めることができます。


アリナーゼは、一時的に効能を失いますが、

そのが体内に入ると、腸内で、アリナーゼと同様

分解作用を受け、再び有効成分アリシンが活性します。


ニンニクは生でも加熱してもその効果は変わりません。


熱に強いアリシンの性質を応用したのが、

にんにく酒やハチミツ漬けなどで、

熱処理をしてから、保存食として、

加工しています。


このようにアリシンは、とても不安定な物質でもあります。


アリシンの効果について


殺菌作用を持つアリシン


アリシンは強力な殺菌・抗菌作用を持ち、

アリシンを含むニンニクの揮発油は、

12万倍に薄めても、チフス菌やコレラ菌に

対抗する抗菌力を持っているといいます。


また、結核菌に対しても、

効果を示すと言われています。


結核菌はその菌体細胞に、油膜を持ち、その油膜がバリアーとなって

退治していくのですが、アリシンはその油膜を通り抜け、

結核菌に効果を示すのです。


アリシンによるニンニクの薬効の効果


ニンニクの薬効の効能をあげてみます。


●  ニンニクの薬効の効果


・ 血管を拡張し、血液循環を良くする。

・消化を促進し、胃腸を整える。

・毒性の強い物質から肝臓を守る。

・インシュリンの分泌を助け、糖尿病に効く。

・精力を増強する。

・細胞の衰えを防ぎ、活性化する。

・ホルモンの生産を促す。

・優れた増血(造血)作用がある。

・神経組織を良好にする。


・身体に備わる調整機能力を万全にする。


・ガンになりにくい体を作る。


ニンニクの効能は複合効果で、能力発揮!!


アリシンの有効性の特徴は、他の物質と結びついて、

新たな効力を発揮する性質を持ち、

それが極めて高いことです。


  • アリシン+ビタミンB1⇒アリチアミン


ビタミンB1と結合すると、

アリチアミンを生成し、ビタミンB1と同じような働きをします。


ビタミンB1は、糖質を体内で、ブドウ糖として吸収し、

運動エネルギーを促す糖代謝に不可欠なもので、

ビタミンB1が不足すると、糖質の代謝がうまくいかなくなり、

運動エネルギーの不完全燃焼になります。


乳酸が増えて、疲れやすくなり、体力も低下します。


また、ビタミンB1は、水溶性ビタミンのため、

体内での吸収が悪く、せっかく摂取しても、

体外に排出されてしまいます。


これらの欠点を補うアリチアミンは、

「活性持続型ビタミン」とよばれ、

ビタミンB1以上に、不可機能を備えていて、

細胞の活性化、代謝促進に基づく代謝効果を発揮します。


その結果、



中枢神経や末梢神経に鎮静作用を与える一方、

腸壁を刺激し、整腸作用を促します。


また、末端血管を拡張し、保温効果を上げ、

不眠症、便秘などにも有効です。


  • アリシン+タンパク質⇒消化吸収


アリシンは、タンパク質と結合すると、

消化吸収を促進します。


これは、肉にニンニクを添えて食べると

消化吸収を高めることからも解ります。


  • アリシン+脂質⇒脂質アリシン


アリシンは、脂質と結合すると、ビタミンEと同じ働きをする

脂質アリシンを生成します。


ビタミンEの特質は、抗酸化作用


(過酸化脂質の増加を食い止め、コレステロールによる

血管内の老廃物を排除)によって、

血液をきれいにし、血行をよくします。


また、赤血球を増加させ、細胞をリフレッシュし、

抗血栓作用による、動脈硬化、心筋梗塞、

脳梗塞の予防、老化、美容などに有効です。


  • アリシン+ビタミンB6⇒糖尿病予防


体内のビタミンB6(あるいはB1)と、結合して、

すい臓などの働きを活発にし、インシュリンの分泌を促進させます。


インシュリン不足、すい臓ん機能低下によっておこる

糖尿病予防や治療に有効です。


  • アリシン+二流化ジアリル(他の硫黄化合物)


アリシンが、分解してできるニンニク油の主成分です。


ニンニク特有の刺激臭の元となる成分で、

抗菌性や薬効があります。


アリシンが加熱されたときに生じる物質アホエンには、

高血小板作用や抗菌作用があります。



その他とアリシンの成分


スコルジニン


スコルジニンは、窒素や硫黄を含む配糖体です。


● スコルジニの効能


1 新陳代謝を盛んにする


スコルジニは、酸化還元作用があり、体内に入った栄養素を

完全に燃焼させてエネルギーに変えます。


・ 心臓筋肉に作用して拍動を増強する。

・ 呼吸を促進させる。

・ 末梢血管を拡張させる。



・ 胃液の分泌を旺盛にして、消化を促す。

・ 平滑筋に作用して、活気づける。

・ 組織内に蓄積する老廃物や毒素を排出する。


2 ビタミン同様の働き


体内に入ると、スコルジニンからビタミンの一種がでてきて

ビタミンと同様の働きをする。


スコルジニンとビタミンB1を併用すると

腸内でのB1破壊を防止する。


3 ホルモノ系を刺激して精力を増強する


スコルジンは、疲労回復、食欲増進、冷え性

不眠症、神経痛、筋肉痛、高血圧、動脈硬化

などの改善につながります。


また、スコルジニンの一成分は

ガンを抑える働きがあると言われています。


ニンニクを常食している中国や韓国に、

ガン患者が少ないと言われていることから、

ニンニクはガン予防にも役立つという期待が持たれます。


ゲルマニウム


ニンニク中に含有されるミネラルの一種です。


酵素を全身に供給する働きがあり、

疲労回復、強壮の効果があります。


また、最近では、発がん抑制剤として議論が高まり、

研究がなされています。


メチルアリルトリスルフィド


血小板抑制作用があり、血液の凝固を防ぎます。


脳卒中や心筋梗塞などの血栓症防止に効果があります。


新たな作用とは?


この他に、ガンに対する免疫作用などはじめ、

アトピー性皮膚炎、花粉症、食中毒(O157)

への効果などにも注目が高まっています。


ニンニクの有効性は、ますます多岐にわたり広がっていきます。


ニンニクの薬効についてみていくと、

かなり興味深いことが多岐にわたりあることがわかったと思います。


このニンニクの薬効は、非常に効果があり、

成人病や生活習慣病の予防に効果があり、常食することによって、

予防することが出します。


このサイトをご覧になり、にんにくの常食を考え、試してみたい方は、

にんにくサプリのランキング」をご覧頂き、参考にしてください。


部門別のランキングになっていますので、

ぜひ、自分に合ったにんにくサプリをご利用ください。


ご紹介するサイト


なた豆の効果・効能

なた豆茶の効果・効能で、蓄膿症や歯周病を予防しよう。


ブルーベリー サプリ 効果 / アントシアニンの凄い働き

ブルーベリーの効果はアントシアニンの濃度が重要です。


ミドリムシサプリ効果でダイエット効果抜群!!

いま話題のミドリムシサプリメントでダイエット効果を試そう




Net Office Nakai JOY 宣広くん::無料サイト登録 PR5SEOサーチ PR4SEOサーチ ジャンボ宝くじ購入代行サービス SEOだねへ!自動相互リンク集 自動リンク集でSEOだよ 相互リンク 無料 無料相互リンク All Japan 検索エンジン! 検索エンジンLucySearch サイトの新規登録106

@相互リンク

美容・健康ランキング サイト登録宣伝無料AUL 相互リンクSEOアクセス 相互リンクSEOSTAR

モバイルなんでも登録

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional